×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3/9 TATSUYA SATO SUPER SESSION

地元精鋭のリズムセクションをバックにした2時間余りのステージは、
モダンテナーの勇に相応しく、豪快にして繊細なライブでした。


5月17日 えみこ×だいすけ VOICE DUO

 Vo.溝口 恵美子
 Vo.伊藤 大輔
 Per.光田 臣

ヴォーカル二人とパーカッションという異色の編成ながら、決っしてマニアックに成らず、”声”の持つ可能性と三人の音楽性が遺憾なく発揮された楽しいライブでした。
 


6月1日 高野 正幹 One Night Stand at RIVERSIDE

太い音 ゆったりとしたリズム 良く歌うフレーズ・・・・オーソドックスであることの素晴らしさを堪能させてくれたライブでした。


7月28日 出口 辰治 カルテット

 ビブラフォンを生で聞く機会自体、金沢では貴重でした。
私事で恐縮ですが、大学の先輩でもある出口さんのプレーからはいつも、
スイングすることの意味を教えられるような気がします。掛値なしに素晴らしいライブでした.。


2月28日(土)  Brother  TOM   " LIVE"
 
バブル・ガム・ブラザーズのTOMさん!さすが、一つのショウとして完成された素晴らしいステージでした。


3月7日(土) 岡 淳/江藤 良人  punchi !  DUO
 異色の編成ながら、ドライブ感、うた心、インプロビゼーションどれをとっても最高にジャズな一夜でした!篠笛で演奏されたジョン・コルトレーンの「ナイーマ」は秀逸!もう一度聞きたいです。
 


4月7日(火) 中本マリ&大石学
 「歌の伴奏」という枠を超えた大石の好プレーと、スタンダードから新たな魅力を引き出す中本の歌唱力によって、まさにジャズボーカルの真髄を聴いたライブでした。
 


421日 岡安 芳明&北川 弘幸 The Duo
きわめて繊細である。一音たりとも気の抜けない、緊張感のあるライブでした。特注アンプとギブソン・スーパー400から繰り出される岡安のサウンドはまさにジャズギター!金沢で活躍するギタープレーヤー達も大満足の一夜でした。


5月10日(日) スタッフォード・ハンター(Tb) 日本ツアー金沢ライブ
 昨年デューク・エリントン楽団のメンバーとしても来日したトロンボーン奏者 。 今回はアルバム”HonestlySpeaking”の発売に合わせての日本ツアーの一環として、RIVERSIDEでのライブでした。
 オリジナルのモード曲からスタンダードまで、押し出しの強い音色で聞かせてくれました。 う〜ん、太い!